不動産担保ローンを利用しました

債務整理と教育資金のため不動産担保ローンを考える

債務整理と教育資金のため不動産担保ローンを考える事前に必要情報を入手してネット申し込み不動産担保ローンでは抵当権設定登記費用があるので注意不動産担保ローン比較サイトはサービス利用時に便利です。

以前から消費者金融のキャッシングを数社から利用していたのですが、金利が高く返済するのもきつくなってきたので債務整理とかを検討していたのですが、金利が低いものとして不動産担保ローンがあることを人づてで知るところになりました。
その頃は子供が高校に入学する頃合にもバッティングしていたので教育資金も必要になっていたところでした。
幸いなことに私の持ち家は親の名義になっていたものを相続で名義を換えたものなので、住宅リーンなどの返済の心配はありませんでした。
申込みは不動産担保ローンを扱っている銀行のウエブサイト上のメールフォームへ仮申込み手続きをすることから始まります。
名前や電泡番号・住所などの基礎情報を入力した後に、担保を設定する不動産の面積を入力することになります。
延べ床面積も土地面積も正確なところは、何分両親がたてた戸建て住宅なので建築当時の書類などは残っていなかったので、法務局で不動産登記事項証明書を取得して、そのデータを入力しました。
すでに住宅ローンは完済していることは知っていましたが、たまに抵当権設定登記だけが残っている場合もあるようです。
この点は不動産登記事項証明書を取得することで確認できたのでこれから利用を検討している方は、事前に法務局で不動産登記事項証明書で確認しておくことをお勧めします。